« ツール・ド・コリア 2016 1日目 | トップページ | 全日本選手権ロードレース 2016 »

2016年6月 6日 (月)

ツール・ド・コリア 2016 2日目

ツール・ド・コリア 2日目

 

クラス:1クラス ステージレース

開催国:韓国

日程:6月6日

距離:235km

天候:雨

起床時体重:60.

起床時心拍:43

出場チームメイト:石橋学、アントニオ・ビオラ、山本元喜、エドワード・グロス、グレガ・ボーレ、ジャコモ・ベルラート

 

 

コースプロフィールは省略。

 

 

レース前のミーティング

 

昨日と同じく前半のアタック合戦に自分、石橋、ベルラートで対応し、ワンプロサイクリングやアバンティ、ドラパックが乗っている逃げは絶対に自分達も入るようにという指示。

ゴールはグレガ、グロス、ビオラの3人で勝負し、それをアシストするという感じ。

自分とグロスは調子が悪いので様子を見ながら走るようにという指示。

 

 

レースレポート

 

かなり長いパレードを終えてレース開始。

開始直後は集団後方で様子見。

アタック合戦に関してもそうだし、自分の調子に関しても様子見。

調子はそこまで悪くは無さそう。

しかし後から悪くなる可能性もあるので出来れば今日は集団内で走りたいところ。

しばらくしても逃げが決まらず「前に上がってこい」という指示が出る。

指示が出た以上は動かないといけない。

先頭に上がりアタックに反応していく。

中々悪くない。

昨日よりは確実に調子が上がっている。

自分からも何回かアタックを仕掛けて逃げを狙ってみる。

昨日と同じくドラパックに潰される。

その後、しばらくの間反応するだけにして足を回復させてトンネル内で全力のアタック。

10人以上の飛び出しが出来上がる。

人数が多すぎる上にワンプロサイクリングの選手の入っているので良くない。

飛び出しに牽制がかかりそこから韓国の選手3人とカザフスタンの選手がアタックを掛ける。

残ったメンバー内で再び牽制がかかる。

仕方がないので自分が追いかける。

後ろを確認するとワンプロサイクリングが自分の後ろに付いていて、その後ろに1列になって全員付いて来ている。

交代する。

分かってはいたがワンプロサイクリングが踏むのを止める。

たぶん自分を逃がしたくないだけだろう。

単独では追いかけることが出来ないと判断し集団に追いつかれる。

その後、何度かアタックがかかり集団が活性化したが飛び出した4人は捕まらず、逃げが決まった。

逃げが決まったのが30km中盤。

そこから一旦ペースが落ちてチーム右京のコントロールでレースが進む。

調子が戻ってきているような気がする。

この感じであれば明後日辺りには逃げを狙えるかもしれない。

そう考えながら走る。

50km地点を過ぎ、緩やかに登りだす。

おかしい、かなり辛い。

アタック合戦の際の調子が嘘のように足が重い。

昨日と同じく芯から終わっている感じ。

本格的な登りが始まってもいないのに辛い。

キツイ訳では無く辛い。

足がスカスカで踏み込めないといった感じ。

登りのペースがそこまで上がらずに済めば付いて行けるはず……。

そう思いながら集団前方を見るとアタックがかかっている。

最悪。

かなりの人数が飛び出しており、そこから離れすぎないように集団もペースを少し上げている。

それがかなり辛い。

付いて行けずに遅れる。

若干遅れながら付いて行く。

この感じであれば頂上でダッシュして追いつくことができる。

山頂まで1kmの看板と共に勾配がキツクなる。

集団から一気に離れ始める。

チームカーの車列にも一気に抜かれていく。

やっとのことで登りきる。

下りに入るが、ただでさえ白くて滑りそうな路面が雨で濡れて更に危険。

今にも滑りそう。

これ以上落車するのは非常にマズイ。

体がかつてないほどに絞れている為、脂肪が少なく、落車した際の衝撃が緩和されずに直に体に響く。

下りをユックリ下る他の選手と一緒に走り、平坦になったところで、前を追いかける。

かなり良いペースで追い続けるがチームカーの車列の最後尾すら見えない。

NIPPOのチームカーが下がって来て監督の福島さんから「調子が悪すぎるのであれば無理し過ぎてダメージを溜め込むと良くないから降りても良い」と言われる。

それでも諦めず、集団のペースが落ちれば追いつけるハズ、と思い遅れた3人で一生懸命ローテーションをして追いかけるが前が見える気配すら無し。

3人で一緒に頑張っていたが全員が力尽きる。

93kmの補給所の所まで走ったが、補給員が誰も居ない。

これは無理だな、と判断し後ろに付いて来ていた回収バスに回収された。

回収バスに乗っていると2回目の山岳ポイントでグロスも回収された。

やはり、「ジロでのダメージが残り過ぎていて限界」と言っていた。

 

 

感想

 

DNFDid Not Finish)という結果に満足できるわけがないし、「しょうがない」とか「仕方がない」等とは言うつもりもないが、今の疲労困憊の状態では「どうしようも無かった」という感じはある。

それでも調子が戻ればどうにかなると思っていたが調子が戻る前にトドメを刺されてしまった。

体は内外ともにボロ雑巾のようにボロボロだと思うのでとにかく回復させないとお話にならない。

足は鶏ガラのように絞れており、一見かなり仕上がっているように見えるが、中身は出汁を取りきった後の鶏ガラである。

悔しいというよりも情けないという感じではあるが、サボっていて弱くなってる訳ではないので何とも言えない。

この疲労を抜ききり回復した暁には過去最高の状態に仕上がっているはずなのでそれを希望にして気持ちを高めて行きたい。

とにかく今は次のレースである全日本選手権に向けて気持ちを切り替えて疲労回復させて万全の状態で挑み、汚名返上を果たしたいと思う。

 

 

キツさレベル

キツク無いのに付いて行けない、辛いといった感じ。

自分のイメージする出力が出ないというのは中々にキツイものがある。

 

|

« ツール・ド・コリア 2016 1日目 | トップページ | 全日本選手権ロードレース 2016 »

レースレポート」カテゴリの記事

コメント

グランツールを走り終えた後なんです。疲れますよね。まずは休憩して、リカバリー、そして、次のステージへ!

来年のジロ、もしかしたらツールかブエルタで
次こそはステージ優勝を期待しています!

ジロの期間中、山本選手のこのブログを見るのがとても楽しみでした!来年もこの楽しみが欲しいです‼

応援してます!

投稿: さみお | 2016年6月20日 (月) 00時34分

お疲れ様でした!
今回は残念でしたけど、リカバリーして次に期待してます!

ジロをみてて、山本選手は、まわりの選手より体重が重そうに見えました。
山本選手が逃げたときに活躍したブランビッラは、山本選手より身長が高いのに、山本選手より軽いです。
最高クラスで勝つには、もう少し絞る必要があるのでは?と見てて思いました。

これからの活躍を期待してます!!!

投稿: はな | 2016年6月11日 (土) 11時25分

グランツールを走ったからこその体験ですね。ある意味うらやましい

投稿: | 2016年6月 8日 (水) 23時44分

昔はジロとツール優勝なんて人もいたようです。
山本選手はダブル出場、ダブル完走から目指してほしい。
その次は東京オリンピックもありますよ。
今後が楽しみです、期待してます。

投稿: シゲ | 2016年6月 8日 (水) 21時29分

先ずはリカバーですね。お疲れ様でした。

投稿: まみぐ | 2016年6月 8日 (水) 06時53分

昨日が山本選手のバットデイだったんですね!
調子が悪くてもアタックするあたり、流石という感じです。
もがいた分だけ良いことがありますよ!
全日本選手権は観戦に行くので、良い走りを期待しています!

投稿: halu | 2016年6月 7日 (火) 13時12分

DNF残念です。
でも気持ちに体がついて行かない状態のようですし
程度は軽くても落車が続いたので
ここで無理して大きな怪我とかするよりも次に備えて回復するのが良い選択なのかもしれませんね。

今回の結果が次の良い結果につながりますように。

投稿: | 2016年6月 7日 (火) 13時08分

絶対に無理は禁物、今はゆっくり休むことが次への栄光の扉を開くはず。

DNFされた勇気が、全日本選手権の好成績にきっと繋がることでしょう!

今はとにかく休みことに、がんばってください☆

投稿: | 2016年6月 7日 (火) 10時51分

ダシを取きった鶏ガラ、という表現に三週間のジロの戦いの場がどれだけ過酷であったか改めて思い知らされました。とにかく本当にお疲れさまでした。昨日の怪我が大きなものにならなくて良かったです。心身ともにパワーを充填して、次のステージで爆発させてください。山本選手のさらなる活躍を応援しています。

投稿: | 2016年6月 7日 (火) 09時55分

体は疲れていても、メンタルが疲れていない。
回復力を高めていくのも大事な仕事です。
やるべき時にやれる人になって欲しい。
頑張ってください。更なる活躍を楽しみにしています。

投稿: | 2016年6月 7日 (火) 09時28分

残念でしたね。やはり、3週間の疲れは相当なものですね。
回復後にさらに強くなる元喜選手に期待しています。
そして、ナマ元喜選手を見るため、全日本観戦に行きます!頑張って下さい!

投稿: ねこまんま | 2016年6月 7日 (火) 08時27分

お疲れ様です。ジロ・デ・イタリアとコーリアは間隔がないなあと思って応援していました。ジロ・デ・イタリアの疲れは半端じゃないですね。兎も角、重大な怪我なく終わったですから、次回を期して英気を養って下さい。

投稿: bluerider54 | 2016年6月 7日 (火) 07時50分

お疲れっす
ジロが終わって一週間はやっぱり無理がありますよね。
ベルラートのアタックもイマイチ切れが無いように見えました。
また韓国でもNIPPOチームがとても注目されているのが解りました今後の活躍に期待します!

祈 超回復!

投稿: sarmiento | 2016年6月 7日 (火) 07時39分

こういうことでもグランツールの偉大さが伝わってきます。
全日本での元気な走りを期待していますので、しっかり回復してください。

投稿: ぼん | 2016年6月 7日 (火) 01時58分

全日本選手権で元気一杯!な走り楽しみにしています!!!!!!!!!!

投稿: | 2016年6月 7日 (火) 00時05分

おつかれさんでした!
日本に早く帰ってきてうまいもんでも食ってバッチリ体力回復して、全力で全日本で1番取ってください!!

投稿: yamato | 2016年6月 7日 (火) 00時03分

お疲れ様でした!
しっかり休んでください。
次に期待ですね。応援しています!

投稿: いおり | 2016年6月 6日 (月) 23時52分

回復は大事!色んな局面がある!
気持ちも身体もしっかり休めて、次に臨んでください!
走る姿を見るのを楽しみに待っています!

投稿: | 2016年6月 6日 (月) 22時57分

お疲れ様です。
ジロからの、にわか山本選手(とグレガ選手)ファンですが、全日本選手権、期待しています!

投稿: | 2016年6月 6日 (月) 22時39分

お疲れ様でした!シーズンはまだまだ続きますし、無理しすぎはよくないですよね。しっかり休養を取って下さい。そして、次のステージでの活躍を心待ちにしています!

投稿: ありお | 2016年6月 6日 (月) 22時35分

昨日のブログを読んで、ジロの疲労がまだまだ相当残ってるのでは、と心配していたので、DNFは英断だと思います。しっかり休んで回復して、全日本での活躍を期待しています!

投稿: | 2016年6月 6日 (月) 22時28分

しっかり休んで全日本選手権ガンバレ!

投稿: 美佐 | 2016年6月 6日 (月) 22時24分

ご自身の自覚されている以上にダメージが残ってるようですね。素人目ですが完全にオーバーワーク状態のように感じました。
休むのもトレーニングのうち、とも言います。しっかりと回復させて、次の目標で大暴れして下さい。

投稿: お疲れ様でした。 | 2016年6月 6日 (月) 22時17分

DNF残念ですがドンマイです。
やはりグランツールのダメージというのは相当なんですね。ダブルツールを狙うような選手が恐ろしいです。
しっかり回復してください。強くなるのは回復中です。

投稿: | 2016年6月 6日 (月) 22時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501448/63741233

この記事へのトラックバック一覧です: ツール・ド・コリア 2016 2日目:

« ツール・ド・コリア 2016 1日目 | トップページ | 全日本選手権ロードレース 2016 »